スロジカル的ブログマネタイズ論1 ~ブログのマネタイズ方法~
スロジカル的ブログマネタイズ論2 ~ブログの種類・解析ブログについて~

※スロットとは無関係の鬱陶しい長文につき、興味のない方は閉じる事をオススメします。一応、1周年記念記事。ブログに関する考えをブチ撒けるシリーズです。これからブログやろうと思う人、既にブログやってる人には是非読んで欲しい。


スロジカル的ブログマネタイズ論3回目。
今回のシリーズの最後です。


[To be or not to be, that is the question.]

シェイクスピアのハムレットの一節の最も有名なセリフの一つ。ほとんどの人が聞いたことがあるだろう。

「生きるべきか死ぬべきか」
または
「すべきかすべきでないか」
それが問題だ。
などと訳される。

AT機規制でセリフ同様な事を考えた人もいるんではないだろうか。そう・・・

4ab2541071ae5ed483f7c726c54cbda2

引退。



いや、ただの煽りでボクはまだ全然。今んトコしませんけどもw


規制、規制と変化していく状況。いつの時代もずっと続けていけるとは限らないパチスロ生活。その次の一手を常に考えて行動しなければならない。就職する人、他の収入源を確保しようという人、最後の最後まで突っ走る人、人生を諦める人・・・色んな考えがあると思う。何を選ぶかは個々で考えるべきで正解はない。まぁ人生を諦めちゃいけないけどねw


そんな状況で言葉巧みに甘ーい言葉で誘ってくる黒い影が存在する。
稼ぎ方を学ぶ系の情報商材だ。

断言しよう。
情報商材の9割は詐欺だ。

いや、待て。
詐欺の定義ってまずなんだ?

詐欺(民法)

他人を欺罔(ぎもう:人をあざむき、だますこと)して錯誤に陥れること。詐欺による意思表示は、その意思の形成過程に瑕疵があるため取り消し得るものとされる(民法第96条)。  ただし、詐欺による意思表示を取り消したとしても、その効果を善意の第三者に対抗することはできない(民法96条3項)。これは、注意をすれば錯誤を回避することは必ずしも不可能とはいえないことと、善意の第三者を保護することで取引の円滑性を確保する必要があることによるものである。同様に強迫により形成された意思表示が取り消しうるものとされているが、その効果が善意の第三者に対抗できることと対比される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%90%E6%AC%BA


んー。
正直よくわかんないw
ただ調べてみると、詐欺は他人を騙そうという意思がなければ詐欺罪には問えないという側面がある。ゆえに立証することが非常に困難なんだそうだ。

例えば、価値のない情報を売っていたとしても販売者本人が本気で価値があると思って売っていると主張しているならば詐欺ではない・・・ということのようである。

つまり、明確な基準が存在しない。悪意が無いと主張すれば全て詐欺ではなくなるという事。なんでもアリの世界だ。


と、ここまで色々言ってはいるが情報販売に関しては別に悪いとは思わない。好んでやろうとは思わないが、特定商取引に基づく表記をしっかりした上で、対面で学習塾のように個人指導。という形態なら問題がないと思う。

売り切りPDF文書というような場合は注意が必要だ。中身が見えない以上、買うまでは内容が全くわからない。その上で過激な言葉で射幸心を煽ってくる。誇張も当たり前。再現性が必ずしも高いとは言えないし、価値は人によって様々。

人生のマニュアルなんて存在しない。だから個人的には情報に高額を支払う人の気が知れない。健全な値段の書籍で学べば十分だと思う。

そして、ほとんどの情報屋が口を揃えて言うのは「仕組み化」だ。確かに言わんとする事はわかる。世界に存在する企業は全て仕組み化に成功し、チェーン展開。多くの従業員を雇い事業を行っている。個人でそれを目指すべき。そこまではわかる。

だが、情報を売る事の仕組み化を目指すと、再販権や情報商材アフィリエイトを活用する事になる。そして出来上がる仕組みの実態は・・・


マルチ商法だ。


今はMLMやネットワークビジネスという呼ばれ方をしていて特定商取引法上、連鎖販売取引と定義付けられている。世界的にもかなり問題の多い取引の形態で、禁止の国も存在するほど。物であればまだ多少は理解できるが、それが実体の無い情報というもので繰り広げられる。ねずみ講に極めて近い、かなり危ない状況と言えるのではないだろうか。情報自体が無価値でないから更に性質が悪い。

それが疑問も抱かずに行われるその背景には、ソーシャルゲームの台頭も大きく関係しているような気がする。友達を紹介してアイテムゲット。これが日常茶飯事。この行動が普通に行われている、そんな状況にも違和感を覚えている。

一緒にゲームを進めよう。という名目で送られるこのような誘いだが・・・実際には自分が得をしたい。良いアイテムを手に入れたいという欲での行動だ。面白いからやりなよー!っていう気持ちではない。それを良い様にPRに使われている。そんなソーシャルゲームの現状も十分理解しておくべきだ。

多分ブログを始める人は収益化を少なからず目指すと思う。その上でもう一度、すべきかすべきでないか考えてみて欲しい。お金に目がギラついているスロットブログ。だからこそ恰好の的にされている、食い物にされている現状をもっと理解してもらいたい。

結果が出せなくなって来たパチンコ・パチスロ生活者に新たな道を・・・という名目の商売であることを十分に知っておいてもらいたい。


なんだ、他人を食い物にしてるのはパチンコ・パチスロ生活者も同じじゃないか?という声が聞こえて来そうだが、個人的には勝ち負けの勝負に来てる人、競おうとしてる者からの搾取であるという点で大きな違いがあると思ってる。

なんてカッコいい事を言ってみても世間からしたら、職業でさえないしどちらもクズなんだってことは十分自覚しているつもり・・・


これがボクが1年間で感じた事。
楽しくスロットの事を書いていきたいと思っても、稼ぎ方稼ぎ方・・・そんなブログが多くて嫌でもこういうことを考えてしまうそんなスロットブログの現状はかなり異常であると常に感じていた。そんな現状を知ってもらえれば良いと思う。

とにかくブログの収益化を目指すのであれば、物販系のアフィリエイトやアドセンスにすべきと個人的には考えている。スロットブログには全く向かない分野だけど、しっかり仕組みを理解して力をつければ次の一手への第一歩にはなると思う。

まぁ散々ネガティブな事を書いては来たけど、ブログ自体は楽しいしみんなもどんどんブログ始めましょうぜ!w
ってなわけで、以上でスロジカル的ブログマネタイズ論終了です。

感想お待ちしてます。

これらを書くにあたって参考にした書籍を載せておきます。








ネットワークビジネスの本は納得出来ない部分を補う為に買いましたが、法律上問題ないの一点張りでどうにもこうにも・・・

上の二つはブログで稼ぎたいと思ったら読んでおいて損はないと思います。具体的な手法の本ではないですが面白い本です。


ブログランキング参加中です
良い記事だと思った時はバナーをポチッっとお願いします↓

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
右のおっさんに恋した方はにほんブログ村へ


スポンサードリンク