※スロットとは無関係の鬱陶しい長文につき、興味のない方は閉じる事をオススメします。一応、1周年記念記事。ブログに関する考えをブチ撒けるシリーズです。これからブログやろうと思う人、既にブログやってる人には是非読んでもらいたい。


今回から数回に渡ってお送りするこのシリーズ。ボクが1年間ブログをやって感じた事、悩んでいる事なんかを赤裸々に書いてくシリーズ。ネチネチと色々書いてく事になるんで読んでて鬱陶しいと思う人も居るかもしれない。自分自身も読者の方もブログについて再考する機会になれば嬉しい。

ずっとブログに関しての自分の中での正解を考え、考えれば考えるほどわからなくなり、考えれば考えるほど面白いな。と思って続けてきて1年。

色々なことを知るうちにブログというものの認識が大きく変わったような気がする。それをつらつらと記して行きたいと思う。

先に言っておくけど、これはボク自身が実際にやってみて感じた事であり、絶対的な正解はないことなのでそこんとこよろしく。あとは各々で考えてみてほしい。矛盾してるところもあるかもしれない。その際はコメントで批判や意見なんかも貰えると嬉しい。じゃ書いてきましょか。


≪マネタイズの有無≫
マネタイズの有無によってブログというものの認識が大きく変わる。

マネタイズを考えると質を高めようと、情報の価値を重視する。だが、どこか機械的になる。そして平気で嘘を付き、自分を大きく見せて読者<筆者の関係を作る事に重きを置くようになる。

逆にマネタイズを考えないと、愚痴の掃き溜め、日記、無価値のものでもお構いなし。自己満足で人の気持ちや満足感を考えないものが増える。でも読者≒筆者の関係になりやすく親しみやすい。

どちらも一長一短。これらは対立する意見を持っている事が多い傾向にある。

個人的に面白いと思うものは日記形式のものに多い。最近ではネットで稼ごうという流れが強く、面白さというものが失われてしまっている気がしてならない。

毒舌注意~ブログを書くということのあほくささ~

結構前の記事だけどAlcholidayさんのこの記事に、考え方としては多少異なるけれどすごく共感した。面白いブログだっただけに、現在更新停止しているのが非常に残念。

ブログが商業的な面が強くなり「日記」というような感覚は無くなり、一人の生活の記録・・・なんて事はもうなくなってしまった。もはや初期の頃の所謂「ブログ」という概念は死んだのかもしれない。


≪ブログに幻想を抱くな≫
ボク自身の認識がとても甘かったのかもしれない。ブログ主○○さんという人が存在し、みんなせっせとブログを書いていると思ってた。

だが実際には、○○さんが必ず存在するとは限らない。○○さんのキャラを明確に設定し、代行屋に頼んでる可能性も否定出来ない。いや、稼ぐ事のみを優先すれば残念ながら、それが最善である事は紛れもない事実。

「ブログ 代行」で調べれば一発で出てくる。それがどういう事を意味するのかは個人で考えてみて欲しい。

画像1

代行に頼んでないまでも複数人で個人を、または個人で複数人を担う事も十分可能であり、それだけ嘘や不正が簡単な世界だと言える。また人格や性別、職業、なんでも偽れる。必ずしも正直に自分の事を書く必要は無い。色んな人に成り切れる自信のある人は挑戦してみるのも良いかもしれない。

プロレスと同様(って言ったら怒られちゃうか)一種の演出。エンターテインメントだというコト。それを知った上で楽しみ、活用しなければならない。それは別にブログに限った話ではなく、インターネットという顔の見えない世界では避けては通れない事だと思う。情報の整合性という観点から見ると非常に難しい問題ではあるけれど、個人の感覚に委ねられているのが現状か。

さて、長い長い前置きを終えて・・・



≪具体的なマネタイズについて≫
大まかに分けると代表的なものとして、この4つに分けられると思う。

・アドセンス
・アフィリエイト
・ライター業
・有料情報配信

一つ一つ説明すると


・アドセンス
ページの内容&閲覧履歴から自動に広告を変えて表示してくれるシステム。それがクリックされれば収益となる。ブログを書く側は、面白いまたは有益な記事を書くことに全力を注げば良い。ただ、アダルトな内容や過激な発言によって配信停止の恐れもあるため、表現に気を使う必要がちょっとだけある。イメージとしてピッタリなのは、アスリートに付くスポンサー。そんな感じ。Googleが最大手。

・アフィリエイト
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録して自分で広告を選び、その広告先の商品をPRするシステム。表示させる広告を自分で選べるため、何を紹介したいのか明確な場合はとても有効。要するに自分がセールスマンになる必要がある。アドセンスとは似てるようで性質が少し違う。

・ライター業
ブログはPRの一環として自分の実力を発揮する場所。既にライターとして活躍している人はそのPR場として。そうでない人は面白い記事を書いて、実力を認めてもらいそこからライターの仕事を貰える可能性がある。また、クラウドソーシングなどで現在は個人がお金を貰って文章の仕事をする事が当たり前の時代。それらを行う際の一歩として、言わば訓練としてのブログ。

・有料情報配信
情報商材、電子書籍、ブロマガなどの有料コンテンツを目指す。自分の文章、情報量に自信があり有益な情報を配信出来れば良いが、実際のところパチスロには攻略誌がある分なかなか難しい印象はある。アフィリエイトとライター業のMIXってところか。またアプリの製作なんかもここに近いものがある。


他にも色々方法はあると思うけど、基本的には個人ブログのマネタイズはこのどれかを目指してやっていく事になる。全てを目指す必要はないし、1つを目指す必要もない。

当然ボクもマネタイズを考えてやっている。それは前から伝えている通り。まぁブログ専門で稼いでいる人からしたら鼻で笑われるような知識と収入しかないけどね。

主にボクの収益としてるのはアドセンス。ページに広告出てますよね?それらがそう。スマホの場合はライブドアブログが勝手に載せてる広告もあるけど、基本的にはボクの収益目的で載せてる広告達。

たまに広告を載せることを批判する人が居るけど、個人的にはブログをやってる人は全て広告を載せるべき。くらいに思ってる。モチベーションや記事の質の向上になるし、自分は小さいながらもエンターテイナーだと自覚する必要があると思うから。

でなければ、何故不特定多数の他人に公開する必要があるのか?自己満足、内輪盛り上がりならSNSでやれば良い。日記ならノートでやれば良い。そう思う。愚痴、文句を載せるだけならノートで日記で十分。だって画面の向こうには読者が居るんだから、その人達の気持ちを考えないなんておかしい。

リアルの世界で人に文句や愚痴を聞かせるだけの仲なんて有り得ない。なら、ネットの読者との関係も同じなんじゃない?と思う。愚痴・文句を書きたければそれなりに人を楽しませる、魅せる書き方が必要なのではなかろうか。

ボクがブログに持ってるイメージはこんなところ。


あと、最近はライター業に興味を持ち始めた。ブログをやってみて人に何かを伝える、発信する事の楽しさを実感した。顔出しで紙上や映像に登場ってのは向いてないってのが自分でわかるけど(というかその前に壁が高過ぎてなれないでしょw)ブログの他にも何かを書いて発信していける場があればなぁ~・・・なんてことを少し考えるようになった。


コイツ面白そうだ!っと思ったら是非ご一報を・・・なんつってw


まぁそんな感じで、今回はとりあえずスロットブログがどういう仕組みで収益を上げてるのかを伝える事が出来てれば良いかな。シリーズは続きます。

ブログランキング参加中です
良い記事だと思った時はバナーをポチッっとお願いします↓

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
右のおっさんに恋した方はにほんブログ村へ


スポンサードリンク