タイトルほど大それたものではありませんが、ちょうどいいタイトルかとw

スロデビューまでの歴史1
スロデビューまでの歴史2
スロデビューまでの歴史3
スロデビューまでの歴史4

の続きの話をこのタイトルで書いていこうと思います。4号機世代スロッターのようにとんでもない修羅場をくぐって来たとかってわけじゃないので、例の如く特に面白い話はないかもしれませんが5号機初期から開始したスロッターの歩みはまだ記事になってなかったりするので意外と貴重かもしれませんw
暇つぶしになれば幸いです。


さて、青ドンで目押しを覚え、スロット勝てると確信したボクが次にやり始めたのは・・・


「設定発表狙い」


設定狙いって読んだ人、ちゃんと読みましょう。正しくは設定発表狙い。 我ながらとんでもなくセコい。 具体的な方法は18時に発表されるAタイプの設定56を発表される瞬間を狙い閉店までツッパする立ち回り。ただそれだけw

たまたま近くのお店が優良店(スロ打ち始めのキッカケの店とは違う店)で、設定確認ありの設定発表をやっていた故に出来た立ち回り。割は103~108%くらいがメインで、南国娘やらサンダーVSPやらプレイボーイやらバーグラーやら・・・(ラインナップでホールわかる人居そうw

今考えるととんでもなく簡単だったと思う。発表時間前にとりあえず1台キープして歩き回る。で、別の札が刺さりそうな島に張り付いて発表された瞬間に移動するだけ。もとの台が発表されたらそれはそれで、その台打てばオケ。個人的にこれは掛け持ちじゃないギリギリのラインと思ってます。店的にも結構厳しい店でしたが、これはOKラインだったようですね。店側のルールが緩くて、ヒドい店だと発表されそうな台を軍団で全確保する店とかもありましたからねw

そう考えると今よりも台の取り合いは激しかったように思います。とりあえず下皿に何かブン投げたモン勝ち。トラブル見かける事もかなりあったような気がします・・・ただボクが目を付けていたのは地味な機種ばっかで争いの少ないところをメインにしてたんで、それでモメた事は一度もなかったですね。

そんな感じで地味ーなプラスをバイトしながら空いた時間で積み重ねて行った学生時代初期。

この頃は毎回、必勝本、スロマガ、ガイド、その他の雑誌関係なく気になった記事があったらすぐ買って読み漁る事をしていたのを覚えています。結構スロ実践動画みたりして参考にしてみたり・・・今でこそ動画とか立ち回りぬる過ぎだろとか思っちゃいますけど、当時はライター=とんでもなく勝ち組みたいなイメージで、スゲーな。と教科書のように見入っていました。

結構ネットでは批判の対象になってますがやっぱり雑誌に書いてあることは基本ですし、初心者の方は金かかりますけどまず雑誌を毎号買って書いてある事を人通り網羅するのが良いんじゃないかと思います。

まぁそんなこんなで高設定の何たるかを学んで、更にスロットにハマって行くわけです。

追想の刻2 ~基本を学ぶ~


ブログランキング参加中です
良い記事だと思った時はバナーをポチッっとお願いします↓

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
右のおっさんに恋した方はにほんブログ村へ


スポンサードリンク