スロデビューまでの歴史1
スロデビューまでの歴史2


羽根物設置店を周って色々な台を打ち歩き
ついに出会った攻略への道へと引き込むある一台。
それはこちら・・・
デデデン!!!

669_kyoutai
CRD海チュー 3
http://www.pachinkovista.com/pfactory/model.php?nid=16313
↑スペックはこちら

多分知ってる人はほぼ居ないでしょうねw
正式には羽根物ではなくて一般電役という部類。

ドット液晶のみの演出で1/34.4で成立する大当たりを
射止めれば電チューがパカパカ開くだけ。
そういうシンプルな台です。
これがかなり良い台なんですわ。

ノーマルリーチで煽りなし直当たりとか、
1Gブラックアウト即揃いとか、
津波がドットで表現されていたり、
演出面のシンプルさにヤラれてかなり打ち込んでいると・・・
ある時に気付くんです。

「この台無駄な打ち出し時間が多いな・・・
止め打ちすれば、勝てんじゃないのこれ。」

とw

でもネットで機種の情報など探しても当然出て来る訳も無く、
自ら止め打ちのタイミングや手順を試行錯誤していく事になります。
なんかこう、本能的にヤレる気がしたんでしょうねw
そこから攻略する楽しさに目覚める事になるんです。

釘がほぼ無調整だった
(と思う)ので、
止め打ちと打ち出しタイミングを完璧にするだけで
みるみる玉は増えていき・・・
見事この機種で負債100Kの完済に成功します。
(この機種が出たのが2007年3月なのでここまでで約一年近く経ってますね。)

そんな事を続けているある日、
いつも同じ曜日同じ時間に店内BGMが変わって何か放送している事に気付きます。
それはちょうどこの機種の真後ろのスロットコーナーでの放送だったのです。
何やら店内全台の設定発表をしていたらしく、
左から順に次から次へと1~6の数字の札が刺さっていきました。

スロットは各台で特徴が全く違うから難しい。
そんな情報が何故か頭に入って居た為、自分にはスロットは無理だ。
と勝手な先入観で特に気にも留めて居なかったのですが、
一応その放送を聴く度に確認には行っていました。

そんな時ポツンと設定6という札の台が空いていたんです。
あれ?確か設定6って一番いいやつだよな???
分からないながらも微妙にそんな知識だけはあったので、
せっかくだしちょっと打ってみても良いんじゃないのか?
そんな事からスロットへの道が始まる事になります・・・

4へつづく

P.S.
スマホの方、行間おかしかったり読み難い部分があると思いますが・・・
申し訳ないです。直し方がわからないんでそのままになっちゃいます。
PCで書いてるとスマホの時と表示のされ方が全然違ったり色々困りますね。
なんか良い方法は無いものか。。
html疎いもので・・・申し訳ないです。



ブログランキング参加中です
良い記事だと思った時はバナーをポチッっとお願いします↓

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
右のおっさんに恋した方はにほんブログ村へ


スポンサードリンク